All archives    Admin

05月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'10.16 (Sat)

不満の理由

とある式場で、亜美が社長に言いました。

「亜美、今度のフラワーガールのお仕事、あんまり乗り気じゃないんだ」
「何故だい?」
「だって亜美が主役じゃないんだもん。亜美もゴーカでフリフリな衣装が着たいよ!」
「プロデューサーからのお願いを、聞いてあげてくれないかな」

二人の大事なプロデューサーの、晴れの結婚式じゃないかと、社長は応えます。

「フラワーガールをやってあげたら、きっと喜んでくれると思うよ」

それでも亜美は膨れていました。


***


とある式場で、真美が社長に言いました。

「真美、今度のフラワーガールのお仕事、あんまり乗り気じゃないんだ」
「何故だい?」
「だって真美が主役じゃないんだもん。真美だって花嫁さんになりたかったんだよ!」
「プロデューサーからのお願いを、聞いてあげてくれないかな」

プロデューサーは、二人のことが好きだから頼んだんだよと、社長は応えます。

「せっかく二人一緒に頼まれた仕事なのだから、放り投げるのは良くないよ」

それでも真美は膨れていました。


***


式場の下見についてきた、小鳥さんが社長に言いました。

「亜美ちゃんと、真美ちゃんは、ごきげん斜めのようですね」
「自分たちのプロデューサーを取られるのが、嫌なのかな?」
「それだけじゃないとも思いますけど……」
「下見でこの調子だと、本番は何が起きるか解らないな。用心しないと」


亜美と真美は、結婚式とは別のところに不満を抱えていました。
不満になるその理由まで、双子はお揃いでした。


***


「聞いてよ社長!」 「聞いてよピヨちゃん!」


社長と小鳥さんが、揃って不満を聞いていると、そこにプロデューサーがやってきました。

亜美と真美のプロデューサーは、まだ若いプロデューサーでした。

やってきたプロデューサーは、二人の背後からそっと近づき――










「兄ちゃんは、社長になっても、律っちゃんに頭が上がらないんだから」


「新しい事務所でラブラブっぷりを見せつけられる、亜美たちのキモチも考えてよ」


「これで正真正銘のダーリンになったら、真美たちには手に負えないかんね!」


「『お茶が入ったわよ、ダーリン』 『ありがとう律子。今日も綺麗だね』」


「亜美のモノマネだけで、真美はおなかいっぱいだよ!!」


「……どしたのピヨちゃん。一生懸命、笑いこらえちゃって」


「え? なあに兄ちゃん。真美たち、別に変わったこと言ってるつもりは――」


「……あっ!?」 「……あっ!?」










003


                                 (おしまい)





晴嵐改さんのイラストに、SSをつけてみました
スポンサーサイト
23:20  |  亜美真美  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.22 (Fri)

正義の味方(2/3)

「遊園地でヤキニクマンに会えるなんて、めっちゃツイてるね、兄ちゃん!」
「まさか亜美たちと同じ日にイベントをしていたとはなあ」
「ヤキニクマンってチョ→人気者なんだよ! 真美、明日ガッコでサイン自慢するんだ!」
「カッコよくて面白いってめちゃイケ最強だよね~。亜美もあんなヒーローになりたいな~」
「おおっ、亜美は正義のヒーローも目指しているのか。アイドルとの兼業は大変そうだな」
「真美もなるよ。そしたら亜美と代わりばんこでヒーローすればいいよね!」
「そしたら兄ちゃんは、超絶ヒーロー☆アイドルのプロデューサーだよ!」
「ま、まあ方向性はどうであれ、カッコよくなって人気が出るのはいいことだ。
 あとは元の会場にもどって撤収だけど、浮かれて大事なサインを無くさないようにな」

***

「ねえ兄ちゃん、なんかあったの? スタッフの人たちがバタバタしてるよ」
「うーん。どうやらさっきのイベントで配った風船を、空に逃がしちゃった子がいたみたいだな」
「それって、亜美たちがサイン書いてあげた風船?」
「たしか予備って無かったよね。真美、あまったら貰おうって思ってたもん」
「ふたりとも、ここで待っててくれないか。俺から一言その子に謝ってくるよ」
「あ。亜美もいっしょに行くよ。兄ちゃん」
「でも亜美。亜美が行ってだいじょーぶ? ヤキニクマンの前で、サイン無くしちゃったって言える?」
「う……それはちょっと気まずいかも……」
「真美のいうとおりだ、亜美。亜美たちはアイドルだけど、正義のヒーローなんだろ?」
「う、うん」
「代わりをカッコよく渡せるなら亜美に任せるけど。手ぶらで謝るカッコわるい役目なら俺が引き受けるよ」
「……うん。ごめんね兄ちゃん」

***

「兄ちゃん! 兄ちゃん!」
「亜美? ま、真美までついて来ちゃダメじゃないか。どうしたんだ」
「亜美たちは正義のヒーローだもん。やっぱり困ってるひとを放ってはおけないよ!」
「そうだよ兄ちゃん。真美たちはファンのみんなのヒーローでなくちゃ!」
「ふ、ふたりの気持ちはわかった。とにかく小声で頼むよ。あのベンチにいる親子連れがそうなんだ」
「あのね兄ちゃん、亜美たちは困ってる兄ちゃんを助けに来たの」
「え?」
「真美たち、風船の代わり持って来たの。だから兄ちゃん、これを持って今から――」

***

「はぁ~っ。えらく緊張したぞ、亜美、真美。俺はもうヒーロー代行なんてこりごりだよ」
「兄ちゃん兄ちゃん。『こいつで涙をおふきなさい』ってシブく言えた?」
「『さすらいの亜美仮面からの預かりものだ』ってカッコよく言えた?」
「言った言った。お約束の、『名乗る者じゃございませんよ』も言ってきたぞ」
「やった~! これで兄ちゃんも正義のヒーロー見習いだね!」
「あのハンカチ、真美のサインも書いちゃったから激レアだよ!」
「さすがに親御さんにはバレバレだったけど、泣いてたあの子には効果てきめんだったぞ。
 泣かなくなったら、元の持ち主にハンカチを返しにくるとも言ってたな」
「んっふっふ~♪ ねえ亜美。あとは毎週テレビに出られたら、真美たちってもっとヒーローっぽいよね!」
「え~。そ、それはキビしいよ真美~。アイドルと正義の味方の両立って、やっぱ難しいかも……」
「亜美なら両立できるさ。なにしろ世界でいちばん最強の味方がついてるわけだし」
「うん! それに真美と亜美には、トクベツな正義のヒーローだっているんだもんね!」
「え。そうなの真美? 兄ちゃん、なんの話? あっ、待ってよふたりともー! 亜美も知りたいよ―!」


駆けだしたのは真美で、続いたのはPでした。置いてきぼりにされた亜美が、慌ててあとを追いかけます

表舞台に立たない無名のヒーローたちは、遊園地のゲートをくぐったところで満足そうに振りかえりました
まだまだ未熟なヒーローが、夕日をバックに駆けてくるのを、とても眩しそうに眺めていました





【考察】創作発表板アイマススレ2-142 投下日:2009/05/22

ひとつ前の作品に続いて連続投下した2本目にあたります。
順序は後になりましたが、書きはじめていたのはこちらのSSが先でした。
もともとはキャラスレの誕生日用に考えていたネタを、お題用にカスタマイズした形になります。


亜美真美とそのPは、トップアイドルを目指す一方で営業をすごくエンジョイしている節があって、
釣り堀に釣りをしにいったり、フィギュアショップにヤキニクマンフィギュアをさがしにいったりと、
「芸能界はふたりの遊び場!」を言葉通りに徹底してる感じがします。

亜美と真美が元気なやんちゃっ子なので、Pとは年の離れた兄弟っぽい雰囲気もあり、
シナリオ後半になるにつれ (`・ω・)キリッ (・ω・´)キリリッ とした二人が見られるのは、
兄貴分でもある「兄ちゃんP」の影響があるのかなとも思います。


ワンダリングスター組の風船モチーフSSは今作で3本目にあたりますが、
スターになった雪歩・伊織と、ヒーローになった亜美・真美という展開になりました。

亜美真美がスターになるSSは、また別の機会に書いてみたいと思います。
00:00  |  亜美真美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.18 (Thu)

亜美と真美のクリスマス(5/12)

「兄ちゃんみてみて~。この衣装、シロクマミトンが超イケテルんだ~☆」
「おお、なかなか似合ってるぞ。亜美」
「今日のステージがんばったら、もちろん兄ちゃんサンタはプレゼントくれるよね?」
「下心の強い子供のところには、サンタは警戒してやってこないらしいぞ」
「えっ亜美そんなのきいてないよ!? 兄ちゃんそんなのナシだよね!?」
「まあ待て落ち着け。プレゼントはひとまずおいといて、真美はどこだ?」
「じゃじゃじゃ~ん! 兄ちゃん兄ちゃん、新しい衣装、めっちゃ可愛くない?
 真美、今日のステージ、めちゃくちゃ楽しみなんだ~♪」
「あれ? 真美もシロクマ手袋つけてる。……えっと、今日はどっちが出るんだ?」

***

「だから今日は亜美が歌うんだよ~!」
「ちがうよ真美だよ~! 真美ちょーカンペキなダンスおどれるようになったもんねー」
「亜美はシロクマミトンでシロクマダンスをおどるの!」
「そんじゃ真美はシロクマツイストおどっちゃうもんねー。
 シロクマサンバもシロクママンボもおどっちゃうもんねー♪」
「うわーん! 真美のバカマンボー!」
「ありゃ。逃げられちった」
「……やれやれ。出発前にケンカしちゃダメだろ。真美。
 今日は良い子のクリスマスで、悪い子のハロウィンじゃないんだから」
「イタズラしてたらプレゼントもらえない?」
「イタズラしてる子が貰えるプレゼントなんかないぞ。
 ほら、さっさと追いかけて、亜美と仲直りしておいで」

***

「ゴメンね亜美。真美ちょっといっぱい言いすぎたかも……
 今日は真美がガマンする。亜美がつかれたらいつでも交代できるからね」
「……ん。ゴメンね真美。真美はプレゼントなにがほしい?」
「プレゼント?」
「兄ちゃんがプレゼントくれるって。良い子にしてたらくれるって言ってた。
 真美はたぶんもらえるかも。でも亜美はもらえないかなあ……」
「じゃ、真美は亜美とおんなじプレゼントにするよ。亜美はなにがほしいの?」
「……あのね、亜美の欲しいもの、モノじゃなくてね。
 兄ちゃん最近いそがしかったから、あんまし亜美たちと――」

***

「兄ちゃん兄ちゃん、亜美たち、プレゼントは超かわいーパンツが欲しい!」
「ぱ……!?」
「亜美の今日の衣装ね、見せパンがシロクマなんだー。ほらっ」
「ほら、じゃない! めくらんでいいっ!」
「あれー? いま兄ちゃんガン見しなかった? 真美はシロクマじゃなくてねー」
「し、白でも黒でもなんでもいいから! おっ俺はそんなもの買いにいかないぞ!」
「プレゼントしてくれなきゃ2人でステージとびだしちゃうもんねー」
「ステージの上でクマパンダンスおどっちゃうもんねー」
「ぐぬぬぬぬぬぬ。こ、こいつらちっとも良い子じゃない……こら待てー!」
「わーい。パンツ好きな兄ちゃんが怒ったー!」
「兄ちゃんパンツ買えるよ! 好きなパンツ! わーい!」
「本番前に鬼ごっこなんかさせるんじゃなーい!!」


Pはあわてて捕まえようとしましたが、亜美と真美は笑いながら逃げだしてしまいました

ふわりとめくれたスカートの中から、2匹のクマがちらりちらりと顔をのぞかせては
追っ手に向かって何度も何度もアクマの笑いを浮かべるのでした





【考察】亜美真美スレ19-49 投下日:2008/12/18

C4Uのジャケット衣装がDLC配信されて、
シロクマ手袋が亜美真美やよい限定アイテムになりました。

亜美と真美のキャラでたびたび見受けられる台詞の一つに
「真美は良い子だなぁ」というものがありますが
じゃあ亜美は悪い子か? というとそうでもありません。

プレゼント絡みでいくつかSSを考えましたが、これが一番早く仕上がりました。

勝因はパンツのおかげです。
00:00  |  亜美真美  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。