All archives    Admin

12月≪ 2009年02月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.18 (Wed)

とあるプロデューサーさんの昔話

「メリークリスマス、伊織ちゃん。ずいぶん大きくなったものだね」
「あら、たかぎのおじさま。わたしもう4つよ。
 こんなにステキなレディーをコドモあつかいするなんて、しつれいしちゃうわ」
「それは申し訳ない。お詫びといってはなんだが、今日はゲストも一緒なんだ」
「だれなの? サンタクロースかしら」
「歌がとっても好きな女の子でね。とびきり素敵なお姫さまなんだよ」
「なによ、おじさまったら。わたしのほかにステキなレディーがいるっていうの」
「見たくなってきたかい?」
「べ、べつにみたいわけじゃないわ! ど…どんだけチープか、くらべてあげるだけなんだからね!」

***

「クリスマスおめでとう、高木のおじさま。ねぇ、あのおひめさまのおはなしをきかせて?」
「はっはっは。伊織ちゃんはいつも、お姫さまのお話だ」
「顔はわすれちゃったけどね、わたし、今でもおもいだしちゃうことがあるの。
 ステージの上でころんじゃって、かわいいパンツが見えちゃったのよね!」
「そうだった。伊織ちゃんがとっても喜んで、大勢のゲストも興味津々になったんだったね。
 今はもう、そんなこと絶対にやらかさないよ。ころんでも、観客は誰一人として笑ったりしない」
「ふーん?」
「そういうところで歌えるようになったのだよ。――それは、とっても、誇らしいことなのさ」

***

「おじさま、一体どうしちゃったの? クリスマスなのに、なんだか元気がないみたい」
「すまないね、伊織ちゃん。お姫さまをここに連れて来れなくて。
 あれから何度もクリスマスを迎えたのに、私達が2人で来たのは一度きりだったね」
「パパが言ってたわ。おじさまはプロデューサーのお仕事を辞めるんだって」
「ああ、そうだよ。あの子が舞台を降りるというのならば、あの子を見つけだした私もいっしょさ」
「おひめさまは、もう歌いたくないの?」
「お休みすることにしたんだよ。ステージを降りられず、長いことお姫さまだったものだから。
 一年経った時に、休んでもいいのだよと言ってあげていたら、あの子はどれほど安心できただろう」
「おひめさまもラクじゃないのね」
「大事なタイミングを見逃した、私の運がわるかったんだよ。
 でも、お姫さまじゃなくなったお姫さまは、なんだかちょっと嬉しそうなんだ。
 うっかりころんでパンツが見えても、昔のようにみんなが笑ってくれるからね」

***

「メリークリスマス、社長。これ、パパからお酒のプレゼントよ」
「ありがとう、水瀬君。これから大きなライブだろう。わざわざ寄ってくれたのかい?」
「だって、もう一緒にイブを過ごせなくなっちゃったんだもの。仕方ないでしょ。
 トップアイドルともなれば、一日中あっちでこっちで引っ張りだこなのよ」
「こんなに素敵なレディーを前にしたら、もう誰も子供あつかいなんて出来やしないだろうね」
「ありがと社長。でもね私、いまでも思いだしちゃうことがあるの。
 あのとき眺めたおっちょこちょいなお姫さまが、やっぱりいちばん素敵なレディーだったわ」
「そんなふうに褒められると、私も自分のことのように誇らしいな。
 いつの日か水瀬君のプロデューサーも、こんな気分を味わうことだろうね」
「にひひっ♪ 当然じゃない! この伊織ちゃんは、100万年経っても素敵なレディーよ。
 社長はホント運がよかったわよね。最初からとびきり負けず嫌いなお姫さまも見つけだしていたんだもの」


廊下をゆっくり歩いていた事務員さんは、社長室から漏れる声に気づいて足を止めました
それは昔、どこかで自分が、何かをやらかしてしまったときに聞いたような気がする声でした

ドアの隙間から見える、小さな女の子とプロデューサーさんの影が、一瞬だけ霞んで消えて――

――ころばないようお茶を運んできたお姫さまを出迎えたのは、楽しそうな2人の笑い声でした





【考察】社長スレ3-14 投下日:2009/2/18

タイトルをつけてSSを投下したのは、今作が初めてになります。
クリスマス連作でひと段落したので、また新しいスタイルを模索しようと思い、
とりあえずタイトルを決めることからはじめてみました。

作品はクリスマスSSの時に投下できなかったものをリメイクしています。
一時は3レス(180行)まで長引いてしまい、助長気味な雰囲気が表れたため、
どこまでシンプルに見せることができるか、という課題に取り組んでみました。

できあがった初期段階では、
【社長】【小鳥さん】【伊織】【新堂さん】【伊織パパ】の5人が出ていました。
ここから【小鳥さん】【新堂さん】【伊織パパ】を削りました。

1レス(60行)にまとめるため、過去のエピソードを、要点を含んだ3つに絞り、
不要なアイテムとして【お姫さまティアラ】【うさちゃん】【プレゼント】を無くし、
最後まで必要であると判断したアイテムに【パンツ】を残しました。

伊織は十分主役を張れるキャラクタなのですが、話の主役は小鳥さんだったので、
あくまで「おじさまとお話をする女の子」というポジションを最後まで貫いてもらいました。

むかしの小鳥さんについては、それぞれが素敵なイメージを持っていると思ったので、
あえてそこには触れないようにしながら、高木社長に昔話をしてもらうことにし、

「ステージでアクシデントをやらかしても、喜んでくれた観客がいたのなら、
 アイドルは泣かないのではないか、むしろ笑顔になってくれるのではないか?」

【転倒】というテーマはここから決めました。


62~63行の間で、一月ばかりあれこれ推敲していた作品です。
バレンタインに間に合わせることはできませんでしたが、
ちょうど社長スレも新しくなっていて、引っ越しソバみたいなお祝い投下になりました。
スポンサーサイト
00:00  |  高木社長  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。