All archives    Admin

08月≪ 2010年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'10.16 (Sat)

不満の理由

とある式場で、亜美が社長に言いました。

「亜美、今度のフラワーガールのお仕事、あんまり乗り気じゃないんだ」
「何故だい?」
「だって亜美が主役じゃないんだもん。亜美もゴーカでフリフリな衣装が着たいよ!」
「プロデューサーからのお願いを、聞いてあげてくれないかな」

二人の大事なプロデューサーの、晴れの結婚式じゃないかと、社長は応えます。

「フラワーガールをやってあげたら、きっと喜んでくれると思うよ」

それでも亜美は膨れていました。


***


とある式場で、真美が社長に言いました。

「真美、今度のフラワーガールのお仕事、あんまり乗り気じゃないんだ」
「何故だい?」
「だって真美が主役じゃないんだもん。真美だって花嫁さんになりたかったんだよ!」
「プロデューサーからのお願いを、聞いてあげてくれないかな」

プロデューサーは、二人のことが好きだから頼んだんだよと、社長は応えます。

「せっかく二人一緒に頼まれた仕事なのだから、放り投げるのは良くないよ」

それでも真美は膨れていました。


***


式場の下見についてきた、小鳥さんが社長に言いました。

「亜美ちゃんと、真美ちゃんは、ごきげん斜めのようですね」
「自分たちのプロデューサーを取られるのが、嫌なのかな?」
「それだけじゃないとも思いますけど……」
「下見でこの調子だと、本番は何が起きるか解らないな。用心しないと」


亜美と真美は、結婚式とは別のところに不満を抱えていました。
不満になるその理由まで、双子はお揃いでした。


***


「聞いてよ社長!」 「聞いてよピヨちゃん!」


社長と小鳥さんが、揃って不満を聞いていると、そこにプロデューサーがやってきました。

亜美と真美のプロデューサーは、まだ若いプロデューサーでした。

やってきたプロデューサーは、二人の背後からそっと近づき――










「兄ちゃんは、社長になっても、律っちゃんに頭が上がらないんだから」


「新しい事務所でラブラブっぷりを見せつけられる、亜美たちのキモチも考えてよ」


「これで正真正銘のダーリンになったら、真美たちには手に負えないかんね!」


「『お茶が入ったわよ、ダーリン』 『ありがとう律子。今日も綺麗だね』」


「亜美のモノマネだけで、真美はおなかいっぱいだよ!!」


「……どしたのピヨちゃん。一生懸命、笑いこらえちゃって」


「え? なあに兄ちゃん。真美たち、別に変わったこと言ってるつもりは――」


「……あっ!?」 「……あっ!?」










003


                                 (おしまい)





晴嵐改さんのイラストに、SSをつけてみました
スポンサーサイト
23:20  |  亜美真美  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。