All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.05 (Mon)

あまやどり

「…ただいま戻りました」
「きゃあ! プロデューサーさん、ずぶ濡れじゃないですか!!」
「酷い夕立に逢っちゃって。駐車場から事務所までダッシュしてきたんですけど…」
「連絡をくれれば傘をお持ちしたのに。風邪でも引いたら本末転倒ですよ?
 今ドライヤー持ってくるから、そこで待っててください」
「あ、あのぅ…」
「お帰りなさい。雪歩ちゃんも中に入って――あら?」
「……す、すみません、私走るの遅くて、…プロデューサーのコートびしょびしょに…」
「いいよいいよ、どうせ安物だし」
「あらあら。…プロデューサーさん、ちょっと」

***

「なんでコート渡して先に走ってくるんですか。淡白なんだから」
「…俺に何を期待してるんですか。…そして何でそんなに目が輝いているんですか」
「駐車場に戻るための傘は要りませんよね?」
「えっ! どうして!」
「もちろん傘になってあげられるんですよね?」
「……風邪引いたら本末転倒だって小鳥さんが言ったんじゃないですか」
「ええ、言いました。仕事外のことで風邪を引くだなんてもっての他ですもの。
 でも女の子をサポートするくらいの力量も無いと、社長もお嘆きになりますよ?」

***

「――と言うわけで傘は借りられなかった。走るぞ」
「ええっ? わ、私、傘借りて来ま……」
「我々は監視されている。…これ以上の抵抗は無駄だ」
「監視? …抵抗?」
「…濡れるのが嫌なら離れるなよ?」

***

「音無君、窓の外を見て何を微笑んでいるんだね?」
「とても微笑ましいものです。社長」

(…小鳥さんが上から見ててニヤニヤしてる気がする…絶対そんな気がする…!)
(あ…プロデューサー、さっきよりゆっくり走ってくれてる…)




【考察】雪歩スレ13-210 投下日:2007/11/05

「やさしくて頼れるお姉さん」が小鳥さんの初期ポジションです。
あんまり完璧すぎてだんだん少しずつはっちゃけるようになります。
はっちゃけてしまった小鳥さんも好きです。

>Pのコートに入った雪歩は途中で転びそうになって
 Pに抱きついちゃったりするんだ多分

SSの最後につけていた文章ですが、こういうのを中に組み込めなかったあたり
保存するにあたって少しもどかしくなります。
00:00  |  雪歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/10-0cb67eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。