All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'05.06 (Fri)

【SS紹介】「竜と天馬の見上げた空に」「じゅんまいぎんじょう」【第五回】

08:「竜と天馬の見上げた空に」 <律子><伊織><亜美><あずさ><冬馬>
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=205696

 【あらすじ】
 空港に向かうプロデューサーを見送った、竜宮小町と天ヶ瀬冬馬。
 エンストした車を揃って押しながら、伊織が、冬馬が、そして律子が出した答えとは。
 
<一言コメント>
 本編ではPを見送ってフェードアウトする小町と冬馬ですが、その後のシーンが描かれています。
 ひねりのない、直球シナリオが爽やかでした。ある意味もう一つのエンディングかもしれません。 


*****


09:「じゅんまいぎんじょう」 <高木社長>
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=247251

 【あらすじ】
 高木順一朗がまだプロデューサーだった頃、彼にはプロデュースしていた一人のアイドルがいた。 
 数々の出会いと別れを繰り返し、765プロ設立まで辿りついた、高木社長のIFストーリー。

<一言コメント>
 冒頭から二段構えで意表を突かれました。「竜と天馬の~」と同じく、タイトルが秀逸だと思います。
 もしかしたらこんな過去もあったかも。あったら嬉しいかも! と、自然と思えてくる読後感でした。 


作者:ソーティ さん(pixiv個人ページhttp://www.pixiv.net/member.php?id=1031286
20:00  |  SS紹介(2011/05)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

恐縮です

初めまして。 紹介いただき恐縮です。
寓話さんのコメントを見て、
「僕はこんな風に思ってて、思って欲しくて書いたんだ」
と改めて感じ、とても嬉しく思いました。

他の紹介作品も読ませていただいています。
これからも楽しみにしていますね。
ソーティ | 2011年05月06日(金) 22:23 | URL | コメント編集

>ソーティさん

こちらこそはじめまして。
SS作者さんご本人に記事を読んでもらえて、こちらこそ恐縮ですw

ソーティさんのSSは、読んでてすごくアイマス(原作)好きなのが
伝わってきて、「いいなあ」「こんなシーンあったらいいなあ」と
思うことが多いです。例えばこんな話があったら楽しいな、という
二次創作の楽しいところが踏襲されているので、読んでいて常に
ワクワクするのかもしれません。
上で紹介済みではありますが、「竜と天馬の見上げた空に」が
ソーティさんの作品の中で一番好きなSSです。
こんなエンディングシーンも入ってたらいいのに。いいのに!w

全体の1/6を経過したあたりですが、紹介の方はまだ続きます。
ちょっとした時間の合間に、楽しんで頂けましたら嬉しいです。
コメントどうもありがとうございました!
寓話 | 2011年05月07日(土) 00:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/120-8ca575e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。