All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.10 (Sat)

帰り道

「……ん、…プロデューサー…?…」
「お。起きたか」

(!?)

「え、わ、私何で、プロデューサーにおぶって貰って…!?」
「いや、着いたけど起きそうに無かったから。
 雪歩の家、夜の庭園もなかなか風情があって綺麗なんだな」
「お、降ります。降りて歩けますっ」
「そんなに暴れると、俺ごと池に落ちるぞ?」
「…降ろしてください。もう1人で歩けます」
「あと5分もしないだろ。子供は素直に寝てなさい」
「……、……じゃあこれは寝言ですけど」
「ん?」
「…子供扱いじゃなかったら、私は車の中で起こされてましたか?」
「流石に大人の女性をおんぶなんて出来ないな。
 どうせ抱えなきゃいけないのなら――」
「なら?」
「……もう良いじゃないか。あとちょっとで着くんだし」
「子供扱いばっかりなのはずるいです。私、ホントの答え聞けるまで寝ません」
「お願いだから眠ってくれないか?
 ……そうやって喋られると耳がくすぐったいんだ」
「!」

(…そ、そんなに近くで喋ってたつもりじゃないのに…)
(…やっと黙ってくれた…でもこの様子じゃ明日も質問攻めにされそうだな…)


玄関で娘の帰りを待ち望んでるお父さんが2人の様子を知らないことも
ちょっとだけ拗ねた雪歩がそこでタヌキ寝入りしようと企んでることも、Pはまだ知らない





【考察】:雪歩スレ13-373 投下日:2007/11/10

雪歩はああ見えて策士、という部分を出してみました。
(実際に策士かどうかはまた違う話しになってしまうのですが)

古い作品ですが、最近模索している雰囲気に近いものを感じる一本です。
00:00  |  雪歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/14-e973d953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。