All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'06.22 (Fri)

【SS紹介】「誰かのせいにはしない」「ROCK OF MIND」【第二十一回】

37:「誰かのせいにはしない」 <天海春香> /作者 あるさん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=947184

【あらすじ】
嵐の中、誰もいない事務所で待機する天海春香。『こうなるはずじゃなかったのに』と彼女は反芻する。
現れたプロデューサーと言葉を交わし、二人は電話を待った。“ここ”から、彼と春香を解放する電話を。

【一言コメント】
春香とPが自ら選択した終わりの形。世界そのものに逆らい、反抗する面を示唆しているような二人です。
断片的な描写に、ハッピーでもバッドでもない雰囲気を感じます。その後の二人が非常に気になる作品。

★本作を推薦して下さった方のコメント★
・「天海春香の表情は暗かった。その顔の半分は鬱屈でできていた。」この書き出しにつきると思います。超かっこよくて痺れる。


*****


38:「ROCK OF MIND」 <多田李衣菜><渋谷凛><如月千早><天海春香>/作者 紙木さん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=842743

【あらすじ】
急な雨に追われ、高速道路の下にいた多田李衣菜。ある旋律を耳にした彼女は、歌声の主を探しにいく。
同じ歌を聴いていた渋谷凛に遭遇した李衣菜は、ギターで弾き語りをしている如月千早の元に辿りつく。

【一言コメント】
ロックな導入のテーゼに始まり、ロックな凛とロックな千早と、わっほいな春香に遭遇する李衣菜のお話。
音楽で繋がる李衣菜と凛と千早。クールな雰囲気を「ずるい!」の一言で持っていく春香さんが好きです。

★本作を推薦して下さった方々のコメント★
・古川日出男。『LOVE』を読もう。
 僕が紙木さんに要求したいことはただ一つだけ、もっと書いてください、ということです。オナシャス。
・うまく言えないのですが、文章にちりばめられた言葉がとてもおされでロック。お気に入りです。
21:00  |  SS紹介(2012/06)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/216-e8cc0468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。