All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.10 (Wed)

【SS紹介】「彼女の色」「タワーチックおにぎり」【第十回】

●「星井美希」枠

20:「彼女の色」 <星井美希><菊地真>/作者:あか。さん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=632777

【あらすじ】
 「真くんは可愛くなりたいの?」 「可愛いかカッコイイかで言われたら、やっぱり可愛い方がいいかな」
 自分の色を自覚できない菊地真にもどかしくなった星井美希は、彼女の爪を磨いてあげることを提案する。
 
<一言コメント>
 美希の女の子らしさと率直さと、大人びて見えるけれど中身は子供なところがぎゅっと濃縮された作品。
 Pも真も大好きな美希の「ある日の風景」。柔らかな文体の中に彼女のこだわりが沢山詰まっています。
 
★こちらもおすすめ★
「ほしのおうじさま」 <市原仁奈>
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1219292

 
*****


21:「タワーチックおにぎり」
<星井美希><秋月律子><音無小鳥><三浦あずさ><我那覇響><四条貴音>/作者:わおんさん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=366523

【あらすじ】
 「なあ美希」 「ん?」 「それは、何?」 「おにぎりアート第一の術 “おにぎりタワー” なの!」
 何十個ものおにぎりをピラミッド状に積み上げていく星井美希。彼女曰く「てつがく」なのだと言う。 

<一言コメント>
 SPフェアリー組の後日譚。おにぎりを軸に三者三様の思考が巡る作品。はじめの一歩は皆ツナマヨから。
 美希の語るおにぎり哲学は浅いようで深く、彼女なりの決意に満ちています。小鳥さんが不憫かわいい。

☆他薦枠☆
「木陰だろうと、日は当たる」 <鷺沢文香>
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2416867
・綺羅星のごとく現れた新キャラ鷺沢文香さんの話なわけですが
 シンデレラガールズはアレだけの数がいるわけで、中にはアイドルには不向きと思える子もアイドルになってるわけで
 そんなアイドルに向かない子がいかにしてアイドルという存在に自分を近付けようとしたり、アイドルとの差異を目の当たりにしたり
 そういう葛藤……までは行かないかもしれないけれど、夢想していくようなそんな話はそれはもうとても大好きなわけですが
 この作品はその語り方がとても爽やかで、終わった後のことを読者が空想出来そうな感じもまたいいなぁって思いました
20:00  |  SS紹介(2013/07)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。