All archives    Admin

05月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.22 (Mon)

【SS紹介】「遠くに在りて想うもの」「なつのおまつり、はじめての。」【第二十二回】

●「塩見周子」「成宮由愛」枠

44:「遠くに在りて想うもの」 <塩見周子>/作者:ソーティさん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=989651

【あらすじ】
 実家を飛び出してアイドルになった塩見周子。プロデューサーはご両親に報告をすべきだと提案する。
 どうしても嫌がる周子を連れ、プロデューサーは周子のご両親に会うべく実家の和菓子屋へと向かう。

<一言コメント>
 不器用な周子と不器用な父親と空気を読まないPさんのお話。故郷の温かさと家族の繋がりを感じる作品。
 この青年がPなら周子とノリが合うだろうな、と想像できる嬉しさ。凛と報告する周子が素敵な一編です。

★こちらもおすすめ★
「Half of One」 <塩見周子>
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1859251


*****


45:「なつのおまつり、はじめての。」 <成宮由愛><塩見周子>/作者:宙俱さん
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1234749

【あらすじ】
 事務所のみんなと夏祭りにきていた成宮由愛は、プロデューサーとはぐれて迷子になってしまう。
 一人ぼっちで不安になっていた由愛に声をかけたのは、仕事上がりでやってきた塩見周子だった。

<一言コメント>
 由愛目線で語られる周子のこと。軽そうに見えて意外と面倒見の良いお姉さんであることが解ります。
 いつか由愛が頼れる先輩になった暁には、彼女のように後輩に手を差し伸べるのではないでしょうか。

★本作を推薦してくださった方のコメント★
・周子の飄々とした性格が存分に活かされていて、彼女は由愛ちゃんのような自信無げなアイドルのいいお姉さんになるんだろうなあ、と容易に想像できました。頼れる人がいる幸せを感じられる作品です。
20:00  |  SS紹介(2013/07)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。