All archives    Admin

03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'12.30 (Sun)

大脱走

「雪歩。誕生日おめでとう。皆、お前の帰りをずっと待ってたんだぞ」
「うん。ありがとうお父さん。……私、ちょっとお部屋に行ってるね」

(…今頃みんなは事務所でパーティーやってるのかな…
 お迎えを寄越してくれたお父さんの気持ちも嬉しいけど、
 プロデューサーにクリスマスプレゼント渡したかったな…)

「……ああ、雪歩。先程怪しい輩が屋敷の周りをうろついてたそうだ。
 一応事無きを得たらしいが、くれぐれも外に出たり、離れの小屋に近づいてはならんぞ」

***

「…うう…暗いよう…こんなことなら社長の言うこと聞いて大人しくしてれば良かった…」

「……誰かいますか?」
「――!――お、俺は別に泥棒なんかじゃありません!
 屋敷の前で立ち止まっていたら、不審者扱いされて連れ込まれただけなんです!」
「…え?」
「コートのポケットを探ってたのは、プレゼントをどっかで落としたからなんです。
 車から降りてきた道を戻って探していたら、
 クリスマスの騒ぎに乗じた侵入者と思われたみたいで」
「……」
「俺をここから出してください。俺のことを知ってる子がこの屋敷にいます。
 その子はきっと話を聞いてくれると思います。……たぶん」
「多分、ですか? どうして?」
「……プレゼントが手元にない以上、
 俺がこの屋敷に来る理由を証明するものは無くなってしまったから」

――ガチャ

「ゆ、雪歩…!」
「行きましょう」
「え? あっ、一緒にお父さんに弁解しに行ってくれるのか?」
「いいえ。私はただ、煙突が見つからなくて捕まったサンタさんを連れ出したいだけです」
「……じゃあ何処へ?」
「もう少ししたら、私が居なくなったこともバレてしまうと思うけど。
 でも、プロデューサーって知ってて教えてくれなかったお父さんも悪いからいいんです。
 だから連れていってください。――綺麗なツリーと、ケーキと、皆が待ってるあの場所まで」

***

「雪歩はどうした?」
「…それが…部屋が空っぽで…」
「何だと!?……あっ、まさか! お前たち、急いで離れの小屋へ向かえ!」

屋敷の庭を走り抜けて、追っ手の声に耳をふさいで、先を走るPが伸ばす手を掴んで
伸ばされたPの腕には、来る時には無かった、キラキラした時計が填められていました

――先程までコートが置かれていた助手席の上で、プレゼントは貰い手を静かに待っていました




【考察】雪歩スレ15-248 投下日:2007/12/30

生誕祭用に考えていたネタのひとつで、実際には終わってから別の日に投下しました。
C4Uの展開では、雪歩は自宅で誕生日パーティーをしていたわけですが、
そこにPが向かってしまったらどうなるだろう、という、若干創作色が強いものになっています。

会話パート展開終了後、数行のエピローグでまとめるスタイルは、このころ固まってきました。
00:00  |  雪歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/26-febf1f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。