All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.18 (Thu)

律子のクリスマス(6/12)

「それじゃ、おつかれさま。プロデューサー。
 この時期なにかと忙しいですけど、途中で倒れたりしないでくださいね」
「ああ、わかってる。そういえば律子は、クリスマスイブはどうするんだ?
 友達とパーティーやったり、出かけたりしないのか」
「ご心配なく。クリスマスに熱心な子なら、気合いも入るんでしょうけど。
 私は例年スタンダードにそつなく過ごしてますから」
「ふーん」
「あ、わかった。プロデューサー。クリスマスも仕事漬けで、まいってるんでしょう。
 そんなに仕事をためこんでしまったのは、そもそも日ごろのズボラな行いが――」
「うわっ、墓穴だったか。じゃ、じゃあ、おつかれ律子! またな!」
「……はあ。人の気も知らないでまったく……」

***

「突然どうしたんだ律子。昼から電話で呼び出しなんてめずらしいな」
「べ、別にいいじゃないですか。
 クリスマスイブまで24時間デスクに座ってちゃ、心根がくさりますよ」
「あー、それで外に連れ出してくれたのか。悪いな。
 その様子だと、見た感じ今日はパーティーでもあるのか?」
「えっ!? お、おかしいですか」
「いや。なんかいつもと雰囲気がちがうなと思って」
「プロデューサーが普通のスーツだから、浮いてるんじゃありません?
 だってほら、みんなちょっとオシャレして出歩いてるし」
「なんだ、クリスマスの空気を読めなかったのは俺のほうか」
「そうそう。だから、そのへんの風潮も考慮したランチタイムをお願いしますね?」

***

「感じのいい店だったな。値段も良心的だし、デザートも美味しかった」
「お腹もいっぱいになったことだし、プロデューサー。ちょっと散歩しません?」
「おいおい律子、まだ俺は事務所の仕事が」
「一年に一度きりしかないのに、ケチケチしたこと言わない。
 大通りのイルミネーションだって、ゆっくり目をやったこともないんでしょう」
「そう言われれば、行きも帰りも素通りするだけだったな。
 ショッピングモールの方も、外装が変わってたけど、中では何がおきてるやら」
「ああもうもったいない。そんな調子じゃ、あと5回はクリスマスが過ぎ去っちゃいますよ。
 せっかく出てきたついでです。今日は無駄なくイブを消化していきますよ! 気合い入れて!」
「お、おう!」
「えーと、それじゃとりあえず裏通りの近道に抜けて……」

***

「今日はすごく楽しかったよ、律子。どうもありがとう」
「どういたしまして。即興なプロデュースだったにしても、合格点はいただけそうですね」
「仕事のことには目をつむるとして、俺は十分満足だ。でも律子の方はどうかな」
「うーん、80点ってとこかしら。おサイフは痛くなかったし、さほど店も混んでなかったし」
「前半も後半も戦力になれなくて悪かったよ。ところで、ロスタイムはどのくらい貰えそうだ?」
「あら。今から20点を挽回するつもりですか?」
「今日のお礼をしないとな。システム手帳、欲しがってただろ。今から買いに行くのはどうだ」
「……実はもう候補もいくつか決まってるんです。今までまわってきたお店の中でね。
 プロデューサーに探してもらおうかな。というわけで――もうバトンタッチしても構いません?」


その若くてきれいなプロデューサーは、そう言うなり青年の背中をパンとひと叩きしました

一巡したばかりのプロデュースを、失敗なんてできません
Pは慎重になって――けれど律子は楽しそうな顔で――もと来た道を揃って歩きはじめました





【考察】律子スレ21-907 投下日:2008/12/18

伊織で3日足止めをくらった分、1日で3キャラ分投下することになりました。
このころから駆け足気味になってしまい、その状況が若干混じってしまった気がします。

律子はとても頭の回転がはやい女の子なので、Pの策はあまり必要ありません。
Pがそれなりに連れ出してデートを行うクリスマスも考えていたのですが、
律子に振り回される方が、彼女のしっかりした部分を見せられるかなと思いました。

Pにちょっと呆れながらも、攻勢に立っている時の律子は頼もしくて優しい子なので、
ラストではちゃんと役割を譲ってもらえました。

誰かにエスコートされるだけでなく、エスコートするのも似合う子だと思います。
00:00  |  律子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/45-2292d159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。