All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.22 (Mon)

社長のクリスマス(7/12)

「ああ忙しい忙しい。机の上が仕事の山ではないか。
 世間は楽しいクリスマスイブだというのに、なんという忙しさだ」
「社長。俺の机の上に、社長の書類がおいてありましたよ」
「まだ増えるのか。いっそこれらの仕事も、まとめて一ヶ月ほど延期したくなってきたぞ」
「でも社長、今日のクリスマスイブを一ヶ月先延ばしすることはできませんよ?
 みんなで楽しくお祝いするためにも、頑張って片づけないと」
「ううむ、アイドルたちが仕事をしているのに、社長の私がサボるわけにもいかんな。
 私も男だ。ここはひとつ腹をくくって一気に仕事を終わらせるぞ!」

***

「ふーっ。なんとか全ての仕事が片付いたな」
「おつかれさまでした。これでようやくクリスマスを迎えられそうですね」
「うむ。忙しくなると、ついつい弱音を吐いてしまっていかんな。
 仕事が有りすぎて困るなどと愚痴を言ったら、過去の私に怒鳴られてしまいそうだ」
「こんなに忙しいクリスマスイブも、予想外でしたか?」
「とおい昔は仕事どころか、アイドル候補生さえ揃っていなかったのだぞ。
 あの子たちが来る以前は、我が社は実に暗くて静かで寂しいものだったな」
「でも、社長があの子たちをみんな採用したから、
 今はこうして、忙しくてうるさくて賑やかな事務所になったんでしょう?」
「ああ、そうだ。……そうだよ。この上なく贅沢な悩みごとだ。
 先のスケジュールが埋まっていることの、見通しの明るさといったらないな。
 先の道が真っ暗で、なにも見えない不安ほど、恐ろしいことは無いのだからな」

***

「社長にも怖いものなんてあったんですね。意外でした」
「君がまだ若いからだろう。のし上がればのし上がるほど、社会の風は厳しくなるのだぞ」
「じゃあ、そんな厳しい風に当たりつづける社長に、
 ピーンときただけで採用してもらった俺は超ラッキーでしたね」
「……なんだかその言い方は、私が君を適当に採用したように聞こえるが?」
「だってそうでしょう。ふつうの主婦だってもっとよく商品を見てから買い物してますよ。
 経験もないただの人間を、面構えひとつでプロデューサーに採用するなんて変ですよ」
「しかしだな、君。有名な偉人も言っているではないか。
 『暗い夜道を進むときには、面構えのいい者に先導させよ』と」
「……なんですかそれは。そんな格言はじめて聞きましたよ」
「『その明るい面構えが、暗い夜道を照らしてくれるだろう』という由緒ある詩なのだ。
 あんなに有名な人だというのに、まったく君は無知な男だな」
「人の面構えを褒めて部下にした偉人なんていましたっけ?
 本当にそんな社長みたいな人がいたんですか?」
「これで私が適当な採用をしていないと納得してもらえたかね」
「うーん。まあ、偉人っていうくらいだから、その人は仕事にも成功したんでしょうね」
「うむ。今でも現役バリバリで、世界を飛び回って活躍しているぞ。
 私も彼のように、いつまでも現場第一線で活躍したいものだ」
「じゃあ、俺もしばらくは高木社長の下で頑張りますよ。
 偉人の言葉で社長がピーンとこられたんなら、
 のちの社長が偉人って言われるくらいに、事務所を盛り上げないといけませんからね」
「おお。なんといい面構えだ! それでこそ私が見込んだ男だ!
 私もただのお偉いさんで終わらぬためにも、かの偉人の忙しさを見習わなくてはいかんな」
「その意気ですよ社長。……で、誰なんです、その偉人は?」
「はて、なんのことかな。私はこれからパーティーの準備で忙しいんだ。ああ忙しい忙しい」


ちっとも忙しくなさそうな様子で、社長はウキウキと部屋を出て行きました
やっぱり納得のいかない様子で、Pはシブシブとそのあとに従いました

面構えの良いトナカイを従えたサンタは、眼前に明るくひらけた道をどこまでも進んでいきました





【考察】高木社長スレ2-736 投下日:2008/12/22

クリスマスSSで一番なやんだのが高木社長です。
もっとも没プロット数が多く、もっとも手間がかかりました。

予定より4日オーバーしていて、残り3日で6本仕上げなくてはなりませんでした。
高木社長の扱いの難しさに頭を抱えた記憶があります。

「高木社長」と「P」のみ使用して、どうやったらクリスマスらしくなるか?
没プロットでは小鳥さんが助けてくれたり、伊織が顔を出したりしたのですが、
華々しいアイドルばかりに目が行って、社長が地味なものになっていました。

あくまで社長がメインなものを考えているうち、
クリスマスの主役はそもそも忙しいヒゲのおじさんだったな、と思いだして、
社長と彼をリンクさせてどうにか完成させました。

<赤鼻のトナカイ>は小鳥さんのクリスマスSSですこし使っています。
もともとはラストの雪歩クリスマスSSにも使用しようと考えていたテーマでしたが、
社長の方が上手く活用できたので、急遽テーマを入れ替えることになりました。


没になったクリスマスSSは、のちにリメイクして再投下をはかっています。
00:00  |  高木社長  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/46-d6a72379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。