All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'07.03 (Fri)

北風と太陽【fairyt@le】

「こんばんは、やよい様。いつも伊織お嬢様がお世話になっております」
「あっ。伊織ちゃんちのヒツジさん。こんばんはー!」
「いかにも。私めは伊織お嬢様の従順たる羊にして、執事の新堂でございます。
 伊織お嬢様をお迎えにあがったのですが、未だ熱心に残られているようですな」
「えっと、そうなんです。……新堂さんって、じゅうじゅんな執事さんなんですか?」
「はい。伊織お嬢様のためならば、たとえ火の中水の中でございますよ」
「あっあのっ! じつは伊織ちゃん、プロデューサーと大ゲンカしちゃったんです。
 それで火の中水の中より大変になっちゃって。新堂さん、なんとかできますか?」
「なんと。それは一大事ですな。やよい様、私をそちらへ案内していただけますか」

***

「プロデューサー! プロデューサー! 立てますか? 大丈夫ですか?」
「痛たたたたっ。……うううやよい、俺はもうダメだ。弁慶の泣き所を左右ともやられた」
「なんというひどい有様。それで、伊織お嬢様はどちらに?」
「おそらくロッカールームだと思います。帰り支度をしてくるって言ってましたから。
 新堂さん、すいません。俺が失言したばっかりに、伊織の機嫌は最悪です」
「伊織お嬢様は、ときに厳しくも優しいおかた。誠意をみせれば、必ずや許してくれましょう。
 逆鱗にふれた理由がわかれば、我々の手でなんとかできるやもしれませぬぞ」
「プロデューサー。伊織ちゃんと仲直りしましょう。私も新堂さんと一緒に、仲直りのお手伝いします!」
「そりゃ助かるよ。何しろカンカンでさ。俺の弁解には耳もかしてもらえないんだ。
 なあやよい。今から俺に代わって、ひとつ伊織に伝えてきてはもらえないかな?」

***

「あ、いたいた。伊織ちゃーん」
「なによやよい。私もう帰るんだけど。新堂、今日はまっすぐ家に帰りましょ」
「プロデューサーがね、『これから皆で晩ご飯食べにいかないか』って」
「ふんっ、行かないわ! 今更ゴキゲン取りなんてされても、遅いんだから」
「それがよろしゅうございますよ、伊織お嬢様。
 夜遅くまで出歩いて、翌日のお仕事に差し支えがあってはなりませんからな」
「プロデューサーがね、『さっきのお詫びに、屋台のおいしいラーメン屋さんに連れていくぞ』って」
「だったら、やよいだけ連れてってもらえばいいじゃない。……そんなところ、私は行きたくないわっ」
「それは賢明な判断でございますよ、伊織お嬢様。
 野外の風に長々とあてられるような場所で、お風邪でも召されたら大事ですからな」
「伊織ちゃんも知ってる屋台だよ。ランニングの途中で、おいしそうなギョーザの匂いがしてきたところ」
「ああ、あれね。……なっなによ、今さらそんな美味しいものを出されても、つられないんだから!」
「おっしゃる通りでございますよ、伊織お嬢様。ラーメンでしたら、本場の品が一番でございます。
 安っぽい屋台の、かたい椅子の上で、貧相なラーメンをすすっても、ちっとも面白くはありませんぞ」
「あの、あのね。伊織ちゃん」
「もうっ。今度はなによっ」
「私ずっとね、あのラーメン屋さんで、3人でラーメン食べてみたいなーって思ってたの。
 プロデューサー、先に行ってるって。席も取っててくれるって。だから、あの、あの……」
「やよい!」
「はわっ!?」
「……あのお馬鹿なプロデューサーは、ちゃんと、新堂の席まで取ってくれてるんでしょうね!」

***

「ああ、おいしかった。太っ腹な誰かさんにご馳走してもらうと、ラーメンのおいしさも一層増すわね」
「本当によく食ったな……やっぱり、そんなに食うから衣装がきつくなってチャックが――ごふっ!?」
「お、おいしかったね伊織ちゃん!」
「じ、じつに絶品でしたな、伊織お嬢様!」
「ええ! またみんなでラーメン食べにきましょ。もちろん次もプロデューサーの奢りでね♪」


脇腹を押さえて悶絶するPと、強すぎた肘鉄に何度も頭を下げる新堂さんを置いて
すっかり満腹になった伊織は、やよいを連れてさっさと車に乗り込みました

北風を追いやって後部座席へと流れ込んできたのは、この上なくやわらかな陽だまりの空気でした





【考察】 創作発表板アイマススレ3-35 投下日2009/07/03


・「北風と太陽」=北風(ツン)と太陽(デレ)に最後まで振り回される旅人のお話。


以下ちょっとした余談になります↓

【More】

やよいと伊織はどこでも安定感のある最強コンビの一角ですが、
童話でよくある「お互いの立場に憧れてうんぬん~」という部分は持ち合わせていません。
(=都会に憧れる田舎ネズミや、街の暮らしを覗きたい王様の感覚は無い)

「立場は対等だが対照的な2人」というところから、今回はお天気になりました。
サン組の太陽がやよい、対になる北風が伊織です。

本来のパワーバランスは「北風<太陽」であり、原作の北風は敗者にあたりますが、
「旅人のコートを脱がせるがごとく、ツンな北風をどうにかしてデレな太陽にできないものか?」
とも考えました。

創作板では有り難くもまだ企画が継続していまして、いろんな作品を拝見していた中、
とあるクッキングSS職人さんが「ネズミ<太陽<雲<風<壁」というパワーバランスの昔話を
取りあげていたところからヒントをいただきました。

仲介役の新堂さんが「雲」にあたります。
北風の発言を、北風に向かってやわらかくリターンできるポジションです。
どうにかこうにか嵐を乗り越えたものの、最後の最後で手加減を失念してしまうあたり、
新堂さんもまた、旅人を振りまわす天気属性は抜けていなかったのでしょう。




前々作もそうだったのですが、またもPがいいとこなしだったのが少し心残りです。
次作は気をつけます(´・ω・`)ゴメンよP…
00:00  |  やよい  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/63-920e2bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。