All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'11.04 (Sun)

ハロウィン

「…困ったなぁ…どうしよう…」
「おや、萩原君。ハロウィンの仮装は済んだのかね?
 今日は765プロのアイドル全員で仮装を見せ合うと聞いているが」
「他の皆はもう決まったんですけど、私だけまだ…
 うう、ど、どうしましょう…せっかくの仮装パーティーなのに…」
「……よし。ではここは1つ、私も仮装に混ぜて貰えんかね」
「社長も、ですか?」
「うむ。そして萩原君、君は他の誰にもマネできない仮装をしたまえ。
 なーにきっと上手くいく。私が保証しよう」

***

「こうして全員に仮装されると圧巻だなぁ」
「うふふ。普段からイタズラ好きな子たちはあまり変わりませんけど
 皆それぞれ素敵な衣裳を選んだみたいですね」
「……んっ!?…何だあのシーツ…あの身長は……高木社長?」
「私は高木ではない。ハロウィンのお化けだ。
 誰がどうみてもプリティでキュートで可愛い白いお化けだ」
「…あ、…はい…」
「いいか良く聞きたまえ。そしてあっちにいるお化けが――高木だ。
 ダンディでスマートでクールな黒いお化けが、765プロきっての知的な社長、高木だ」
「…ひーふーみー……ええと、まだ来てないのは雪歩ちゃんだけみたいですけど……」
「……小鳥さん。あれは高木社長です」
「うむ! あれは高木だ!」

(うう…社長はうまくいくって言ってくれたけど…本当にうまくいくのかなぁ…)

***

「……ふぅ、やっと片付いた。参った参った。
 小鳥さんからあらかじめお菓子を貰ってなかったら
 年少トリオに大事な書類までぐちゃぐちゃにされるところだった……」
「ま、待ちたまえ!」
「むっ!? ……、……、誰だ!」
「わ、わわ、私は、高木順一朗だっ、…プ、…き、君っ。お菓子をよこしたまえっ」
「社長。俺お菓子全部あげちゃったんですけど」
「…………え?」
「すいません社長。まさかこんなタイミングで来るなんて思ってなくて。
 じゃあ不本意だけど社長のイタズラを受ける事にします」
「え?…ちょ、……えぇ?」
「社長にやられるならプロデューサー冥利に尽きるというもの!
 さぁ思う存分イタズラするがいい!」
「う、…ぁ、ちが、…えっと、プ、プロデューサー…?
 ちっ、違うんです、わ、私ホントは社長じゃなくて――」
「trick or treat?」
「――え?」
「もうイタズラの時間は終わりだよ」

***

「どうだったかね。彼はちゃんと騙されてくれたろう?」
「……はい。…えっと。……はい」




【考察】雪歩スレ13-156・157 投下日:2007/11/04

「Pが雪歩に嘘を付く(騙されたふりをする)」というのがしばしば出てきますが、
このあたりは1作目と同じ空気を出したくて模索している時期だったと思います。

2レスを使用する必要のない行数(60行以内)なのですが、
「2レスまでならロダ不使用でおk」なルールに許しをもらうことで、
当時はレスとレスを分けることで、行間以上の時間経過を現したがっていました。

2レス分割投下を続けるうち、「SSに時間の流れをいれる」という手法をおぼえました。
1レス投下に直したあとも、時間の経過はかなり頭を悩ませる部分です。
00:00  |  雪歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://allegoryfactory.blog34.fc2.com/tb.php/9-2cf1d3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。